原宿の貸店舗の契約条件も確認しておこう! 


原宿の貸店舗を選ぶ際には契約条件も注目しておきましょう。
もし契約条件を確認しておかないと入退去の際に思わぬミステイクが生じてしまいます。
まず、原宿の貸店舗の利用条件をチェックしておくべきです。
物件によっては利用目的が限られているケースもあります。
例えば飲食店向けの物件であれば、販売店として利用するのは難しいでしょう。
特にあらかじめ飲食店向けの設備が整っている物件では、入居時に大掛かりなモデルチェンジが必要になってしまいます。
立地やコストの関係で物件が絞られてしまう場合もあるかと思いますが、利用目的に沿っていない物件はなるべく避けた方が良いでしょう。
また、退去時の条件も確認しておいてください。
ほとんどの物件は退去時に原状戻しの条件が付加されていますので、改装が必要な業種では予想外のコストが掛かってしまいます。
なるべくコストを抑えた原宿の貸店舗選びをするためにも利用条件の確認は怠らずに行いましょう。

This entry was posted in 原宿の貸店舗の選びかた. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found